意外と知らない?そもそもピーリングとは?

ピーリングの種類について

ピーリングは肌に溜まってしまった古い角質を取り除く角質ケアのことです。このケアを行うことで新しい肌の状態に生まれ変わるターンオーバーを通常のサイクルに戻すことができます。ピーリングには大きく分けて2種類あり、肌の直接、角質除去用の薬剤などを塗り古い角質を溶かしていくケミカルピーリングと呼ばれるものとレーザーなどを当ててケアする物理的なピーリングがあります。
ケミカルピーリングは薬局などで専用の石鹸やジェルを購入し洗顔時に使用することができるので手軽に自宅で行うことができますが、レーザーは美容皮膚科などプロの手が必要にあるケアです。
自宅で行うピーリングは通常1週間に1回程度が目安となっており、回数を増やしてしまうと必要以上に角質を除去してしまい、肌が荒れてしまうので注意が必要です。

ピーリングを行う際の注意点

ピーリングを行うのは1週間に1回が目安ですが、肌のターンオーバーが正常でごわつきがそれほど感じない場合は2週間に1回や月に1回程度のケアでも十分正常な肌の状態を保つことができます。また敏感肌の人は必ず低刺激のピーリング石鹸やジェルを選ぶことをお勧めします。 また物理的なピーリングとしてニキビやニキビ跡の治療にレーザーやダイヤモンドを使ったピーリングがありますが、こちらは強力なものになるので医療機関できちんとカウンセリングをしたあとに受けることが大切です。 ピーリングはどんな種類のものでも、肌が弱い状態の時は行わないようにして肌の乾燥が気になる時や肌がヒリヒリしたり、赤くなったしまった時はぬるま湯でやさしく洗顔し、メイクもできるだけ控えて様子を見ることも必要です。